辞書を買いました~三省堂国語辞典『広島カープ仕様』~

このエントリーをはてなブックマークに追加

『いまどき辞書?』と思われるかもしれません。

スマホがここまで生活に密着したこのご時世、分からない言葉があってもグーグルさんやヤフーさんがすぐに教えてくれます。私自身も『そもそも最後に辞書を引いたのがいつだったのか?』全く記憶にありません。

でも買ってしまいました。

三省堂国語辞典 第7版『広島カープ仕様』

カープファンにはたまりません。

広島生まれの広島育ちの私。広島カープが初優勝した昭和50年(1975年)私は小学校2年生。周りの大人の熱狂に引っ張られるようにカープを応援するようになりました。それ以降、24歳で広島を離れ、神奈川県で11年、そして香川県で過ごすようになって16年ですが、もちろん今でも熱狂的なカープファンです。(ここ数年のカープブームは嬉しいものの、試合のチケットが手に入らないのが困ったものです。)

さて、広島カープのことはひとまずここまでにして(また別の機会にこのブログにいろいろ書いてみたいと思っています)辞書に話を戻したいと思います。

このような非常に興味深い辞書が発売されることを知ったのは、1か月ほど前だったでしょうか。そして迷わず予約をしました。お値段3,000円は決して高いものではありません。そして無事発売日に入手することが出来ました。

しかもこの辞書、見た目がカープ仕様であるだけではありません。中身にもカープファンにはたまらない工夫が施されているのです。

『ミスター』で引くと、用例のところに『―赤ヘル[=山本浩二]』とあります。

『てつじん』で引くと『衣笠祥雄の愛称』とあります。

『山本浩二』『衣笠祥雄』と言えば、オールドカープファンにはたまらない二大レジェンド。この他にもカープ仕様限定のオリジナル文例がこの辞書の中にちりばめられているのです。

しばらく暇な時に、ページをめくってはニヤニヤしている自分が目に浮かびます(笑)

単にページをめくるというよりも、『このワードだったら?』と言う推理をしながら・・・というのが実際のところです。それが当たって、用例に記述があったらとても嬉しいです。気分としては宝探しですね。

『ほのお』で引くと『ーのストッパー[=津田恒美]』が見つかりました。

辞書本来の『言葉の意味を調べる』というあり方はさておき、カープファンの心の琴線をくすぐるこの辞書に思わず脱帽です。まさに巷間言われる『モノからコトへ』ですね。

素晴らしい辞書を出していただきまして、三省堂さんありがとうございます♪

Follow me!

The following two tabs change content below.

自称“日本一”文章を書くのが好きなふとん屋

かつては神奈川県でカネボウ化粧品研究員をしていました(口紅やマスカラの処方開発担当)。現在は縁(婿養子)あって香川県で寝具店『西部製綿株式会社』の社長をしています。自称『日本一文章を書くのが好きなふとん屋』です。広島県出身の熱狂的カープファン。サッカー日本代表も応援。現在51歳ですが、4歳と1歳の男の子の子育て奮闘中。しばらくは子育て記事がメインかも(笑)
READ  【自己紹介】自称『日本一文章を書くのが好きなふとん屋』への道(パート2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です